top of page

キース・ヘリングが見た広島

会  場:旧日本銀行 広島支店 1・3階

     〒730-0036 広島県広島市中区袋町5-21

会  期:2024年7月21日(日)ー7月25日(木)

開館時間:10:00〜18:00

主  催:中村キース・ヘリング美術館

共  催:世界の子どもの平和のための平和蔵(せこへい)をつくる会ヒロシマ

協  力:一般社団法人 HAP


 

1980年代のアメリカ美術を代表するアーティスト、キース・ヘリング(1958-1990)。 明るく軽快な作風で知られる一方、彼の作品の根底には社会を鋭く洞察する眼差

しがありました。本企画は、7月27日(土)より旧日本銀行広島支店で開催される「せ こへい美術館(世界の子どもの平和のための美術展)」のプレ企画、また中村キー ス・ヘリング美術館(山梨県北杜市)で開催中の展覧会「Keith Haring: Into 2025 誰がそれをのぞむのか」の関連企画として開催されます。

中村キース・ヘリング美術館では、戦後80年の節目を目前にした現在の視点から ヘリングの反戦・反核の活動を辿る同展覧会の企画にあたり、1988年にヘリング が広島を訪れたことに着目し、調査を行いました。ヘリングの広島訪問については、 日記に記されている他に公式な記録がなく、同年に広島サンプラザホールで行わ れたチャリティ・コンサート「HIROSHIMA ’88」のために、ヘリングがメインイメージ を手がけたポスターやレコードが残るのみでした。日記をさかのぼると、壁画を制 作することが広島への旅の目的であったことがわかりますが、実現には結びつかず 広島にヘリングの壁画は存在しません。

本企画では、調査を経て明らかになった広島訪問の経緯、滞在中の動向、その後の 出来事について、ヘリングと広島の繋がりを示す資料を交えて時系列で紹介し、ヘ リングが広島で何を感じ、どのようなアクションを起こしたのかについて紹介すると ともに、子どものためのワークブック無料配布、いつでも誰でも参加できるワークショップを同時に展開します。

中村キース・ヘリング美術館で開催中の展覧会

  入館無料 

bottom of page